花粉シーズン到来!対策してますか?(^^;

こんにちは^ – ^

暖かい日が増えて来ましたねー
暖かくなってくるとこの時期、気になるのが花粉症です(^^;)

実は鍼灸治療も花粉症の様々なツライ症状に対し大変有効なんですよ(^^)

花粉症のメカニズムを簡単に書きますと

・花粉が目や鼻から入る
・リンパ球が花粉を侵入者と認識する
・リンパ球がIgE抗体をつくる
・IgEが肥満細胞にくっつく
・再び花粉が侵入する
・ヒスタミンなどの化学物質が分泌される
・くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、目の充血、涙目などの症状があらわれる

自律神経の中の交感神経が優位になると、細菌などに対し攻撃する「顆粒球」が増えリンパ球が減るため免疫力が低下します。
副交感神経が優位になると、ウイルスに対し攻撃する「リンパ球」が増え顆粒球が減るため免疫力が上がります。

しかし、副交感神経が優位な状態が続くと、リンパ球が増えすぎ花粉症などのアレルギーの炎症を引き起こします。
ただし、「免疫力を上げる」「免疫力が下がる」というのは大変分かりやすいのですが正確ではなく、実際にはバランスの問題です(^^;

つまり、顆粒球とリンパ球のバランスが整っていないと、十分な免疫力で健康な状態を保つことができません。
顆粒球は約7割、リンパ球は約3割が通常だと言われています。

現在わかっている鍼灸の花粉症に対する作用機序、なぜか効果があるのか?
ということですが

1. 鍼灸治療により自律神経のバランスを整えることにより、免疫細胞の働きのバランスを整えアレルギー反応を抑えます

2. 局所的には消炎作用により鼻水や鼻づまりなどの鼻症状や結膜炎、眼のかゆみなどを抑えます

3. また当院で施しているスーパーライザーも星状神経節照射により自律神経のバランスを整えます

これまで多くの花粉症の方が受療されていますが驚くような即効性もあります!(^^)!
お薬も副作用がつらいとの声をよく聞きます。
お薬以外の選択肢として是非鍼灸もご活用ください。

最後に日常生活で気を付けることとして
・睡眠を十分にとる
・疲労をためない
・ストレスをためない
・アルコールを取りすぎない
・適度に運動をする

是非参考にされてください!
そして気持ちよく春を迎えましょう!

 

参考文献

講談社ブルーバックス 『アレルギーはなぜ起こるか』斎藤博久著

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA