夜泣きの対処法は?(2)~小児はりの効果

こんにちは(^^)



さて今回は夜泣きに対する小児はりの効果を書いてみたいと思います。

夜泣きに対する小児はりの論文

夜泣きには小児はりも大変有効なんですが、それを発表されたとても素晴らしい論文があります。ご興味ある方は下のリンクからお読みくださいね。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsam/69/3/69_185/_pdf/-char/ja

その論文を簡単にまとめると

  • 小児はり治療をうけると、夜泣き、寝つきが悪い、途中覚醒の回数が平均4回の治療で有意に改善した
  • 治療の満足度を保護者にアンケートでとったところ、90%が『満足』と回答
  • 小児はり治療を定期的にしているうちに、睡眠障害以外にアレルギーも改善した

なぜ効果があるの?


小児はりは大人と治療方法が違い、鍼を皮下に刺すことはしません。

皮膚をこするように、なでるように軽い刺激をして治療します。ですから子供たちは治療を受けると気持ちがいいのです。

この皮膚というのは、受精卵から発生的に見ると、脳や神経と成り立ちが一緒で外胚葉なのです。皮膚には脳にある情報伝達物質の受容体と同じものが存在しています。

どのように効果がでるのかというと皮膚に小児はりである金属を当てるだけでも、微弱電流が発生し、それが神経系に作用することにより自律神経が働きます。

その自律神経の正常な働きが、血流改善、免疫の働きのバランスを整える、ホルモンバランスを整える基礎となります。
それにより夜泣きを改善していくのです。

治療の頻度ですが、

当院では最初は5回ほどは毎日施します。その後5日ほど間をとって、さらに5日ほど毎日施術して、様子を見ながら治療間隔を空けていきます。

使用するはりはこちらから

http://kaki-1189.com/harikyu/syounihari/

詳しいことはお気軽にお問い合わせくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA