当院ではスーパーライザー(東京医研社製)を鍼灸治療と併用しています。

 

スーパーライザーとは

光の中で最も生体深達性の高い波長帯の近赤外線(0.6μm~1.6μm)を高出力でスポット状に照射できる光線治療器で、その効果はペインクリニックをはじめ各科で認められ、さまざまな医療現場で幅広く利用されています。

この深達性を利用して様々な疾患に適用し応用しています

 

どのように治療に用いるのか?ー不妊治療、運動器疾患にたいして

例えば

不妊治療では

星状神経節、腹腔神経叢、卵巣動脈、子宮動脈、陰部神経などに照射することで血流や機能を改善

運動器疾患では

深部の筋、関節、靭帯の炎症部位へ照射して消炎と組織修復

星状神経節への照射

星状神経節とは

星状神経節(せいじょうしんけいせつ)とは、のどの奥に一つずつある自律神経の交感神経節(交感神経の中継点)の名前です。

この星状神経節への照射を行うことにより『星状神経節ブロック』と同様の効果を上げることができます。

星状神経節ブロックとはこの星状神経節に麻酔薬を打つことで、交感神経の機能を抑え、病気を治す治療法です。痛みの神経ではなく、交感神経を抑制することでさまざまな自律神経失調症状を改善します。

自律神経失調とは交感神経と副交感神経のバランスが崩れることです。

スーパーライザーを当てることで自律神経のバランスを整えるので、不眠症の改善に繋がり、質のよい睡眠ができて、起床時の爽快感を感じます。
また、肩こり等にも効果を発揮し、一日の疲れを取ってくれます。

また下の写真は脳の血流を見たものですが、それを見ていただくと星状神経節照射は脳血流もよくなることがわかります。脳血流がいいというのは身体全体がリラックスしていることを表しています。

特に視床下部など自律神経の中枢部の脳血流が改善し働きがよくなることで、その作用は全身に及びます。

 

鍼灸治療との併用でさらに高い効果を発揮するとの研究報告もあります。

 

星状神経節照射で効果の期待できる疾患は

・不妊症・月経異常・更年期障害

耳鳴り・めまい・頭痛・自律神経・胃・十二指腸・便秘・下痢・喘息・不眠・うつ・ドライアイ・鼻炎・レイノー病など

・肩コリ・腰痛・首痛・肩痛・五十肩・筋肉痛・肉離れ・ヘルニア・しびれ・冷え・こわばり・腱鞘炎・関節炎・顎関節症

 

 

スーパーライザーの料金は

・スーパーライザー(星状神経節照射)のみ  10分 1000円

・子宝治療(不妊治療)では治療内容に含んでいます

・鍼灸治療併用では別途500円