不妊症に見られる東洋医学の体質的特徴(2)〜【瘀血】

こんにちは(^^)


今回は、前回の【腎虚】に続き、不妊症に見られる東洋医学の体質的特徴について書いていきます。


今回は『瘀血』についてです。


瘀血というのは簡単に言うと【血流の滞り】です。イメージでいうともののけ姫にでてくる『ジコ坊』というと分かりやすいかもしれませんね


血が動かず停滞している状態で、この瘀血がある人の身体的特徴は

・皮膚が赤黒い(赤ら顔)

・肌荒れ

・化粧のりが悪い

・吹き出物が多い

・目の周りのクマ
などがみられます。


また身体を診させていただくと

・へそ周りの圧痛

・肩こり

・腰痛

・生理痛、生理不順
などもみられます。


このようなタイプの人が日常生活で気を付けるべきこととして

・甘いもの(特に砂糖)を減らす

・適度な運動

甘いものは常習性があり癖になってしまうという特徴があります。とくにお菓子の摂りすぎには注意です。ぼくも甘いものは好きな方なので、ぼく自身耳が痛いのですが(^_^;)

コンビニスイーツも侮れません(^^;;


ただ少量を取るには問題はありませんが、大量に常時とるのは避けましょう。


また砂糖の摂りすぎは身体を酸性化させてしまいます。これも上記の症状を悪化させる原因にもなります。

そのほかに酸性化させる要因として、ストレスや加工食品もあげられます。これらも摂りすぎには注意しましょう。

そして適度な運動は血流促進にもなり、瘀血を改善する手助けになります。

いかがだったでしょうか?何事も適度が大事ですね
あてはまるという方は少し気を付けてみてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA