予防にはお灸も〜新型コロナウイルス対策について(2)

つづきです(^_^)


しかしなんといってもかからない、かかっても軽くですむ身体づくりが大事です。

前にも書きましたが

  • 十分な睡眠、食事等の生活習慣を整える
  • 体力を温存しウイルスが入ってきても重症化しないような身体づくりを行うことが基本です。

じつは【お灸は免疫力アップに有効】という研究報告があります。アフリカで結核治療に『足三里へのお灸』が有効だったとあります。
モクサアフリカは、結核の治療に対して半年の期間、『抗菌剤+お灸』と『抗菌剤のみ』に分けて変化をみたところ、『抗菌剤+お灸』の方が、ヘモグロビンや免疫細胞のCD4(※)の数値の向上や喀痰陰性化のスピードが早くみられた

とあります。

※CD4とは白血球のひとつであるリンパ球で免疫細胞の司令塔といわれ、このCD4リンパ球の数を測ることによって、現在の身体の抵抗力や注意すべき日和見感染を知ることができるものです。


またHIVと結核の重複患者さんに対してもお灸グループの方が良い結果が得られています。興味ある方は論文も貼り付けますのでご覧ください。

♦︎「European journal of integrative medicine 」英文のみ

https://698d8bc4-7ba0-49a4-bef2-75489bdb9942.filesusr.com/…)

♦︎「モクサアフリカ」

https://www.moxafrica-japan.com/

ということで

当院ではお越しいただいた患者さま全員に、さまざまな感染症の予防に『足三里のお灸』を施させていただいています。

お灸はウイルス感染予防にも、また、たとえかかったとしても軽症で早期回復も望めますよ。

手洗い、うがい、マスクにお灸でウイルスに負けないようにしましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA