卵子、精子の老化防止策〜『LIFE SPAN 老いなき世界』からのヒント

こんにちは(^^)


暖かい日が続いたかと思えば、急に寒くなったりと、不安定なお天気が続きますね。こんな時は自律神経も乱れやすく、わけもなく不安や恐怖感に襲われることがあります。これは冬の特徴でもあります。これらの症状には鍼灸がよく効きます。とくにお灸は身体の芯から温まりますのでおすすめですよ。


さて今回は最近読んだ本から【老化】についてのお話です。


LIFE SPAN 老いなき世界』著者はデビッド・A・シンクレアという方です。
この方はハーバード大学の遺伝学の教授をされており、とくに老化についての研究をされています。世界的にも有名な方で、この本は諸外国ではベストセラーになったものです。

内容が濃く辞書くらいの厚みがある本


そんな著者が長年の研究から、老化を防ぐのではなく、むしろ若返りをさせるさまざまな方法を見出しました。

老化は治療可能


そもそも老化というのは、病気であり治療が可能と言っています。

簡単に言うと、老化というのが病気であり、その症状として心臓病や糖尿病、高血圧などが出てきているとのこと。そのひとつに不妊症もあると思います。『卵子や精子の老化』は、以前からいわれていた不妊症の要因の一つです。

老化のメカニズム


『老化』のメカニズムですが、一般向けの書籍でありながら、専門用語もけっこう入っていて、難解なところもあります。
それを出来るだけ分かりやすく説明しますが「そんなの知らなくてもいいから、何をすればいいのか教えて!」という方は、次にブログへ進んでくださいね(^_^*)


老化というのは細胞の核にあるDNAの損傷と修復のバランスが崩れ、損傷が強くなった状態といえます。

サーチュイン


この修復をさせるのが『サーチュイン』と呼ばれるもので、DNAの修復をする、いわばDNAの救助隊のようなものです。これがサバイバル回路として働いています。


普段サーチュインは所定の場所に待機していて、ストレスなどで損傷があるという信号を受けたとき、損傷場所に出動して修復をしてくれます。


このサーチュインをしっかりと働かせることで修復は早まることがさまざまな研究で分かってきました。しかも自分自身でこのサーチュインを訓練することができ、働きを強化することで若返りも可能であるということなのです。その方法を利用すれば、健康になることはもちろん、若返ることで美容にも、さらに卵子や精子にもいい影響があるはずです。


さて次回はいよいよ訓練させるには私たちが何をすればいいのか?気をつけるべきことを挙げてみます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA