今が旬の牡蠣~ストレスに勝つ

こんにちは(^^)/


今日のお昼は某うどん屋さんの

「牡蠣たまあんかけうどん」をいただきました(^^;


今が旬の牡蠣ですが

今回はこの牡蠣についての食材の効果をみてみます。

五性では「平性」に属し、

身体を温めも冷やしもせず、影響を与えにくい食材です。


栄養面で見ると、

体を潤して血を補い、精神を落ち着かせる作用があります。

そのため、イライラや不安感、憂うつを解消する効果に優れ、

ストレスを跳ね返す強い心身をつくる作用があります。


「海のミルク」と呼ばれるほど栄養価が高く、

亜鉛、マグネシウム、銅などのミネラル分も豊富で、

慢性的な疲労や不眠などを緩和します。

鉄分の含有量も多いので、貧血の解消にもおすすめ。


肝機能を高める働きがあり、

解毒を促すので、美肌効果もあります。

タウリンも多く含み、高血圧の予防にも有効です。

殻を焼いたものは牡蠣(ボレイ)と呼ばれる漢方薬の材料となります。

効果的な取り方として

焼いた殻15gほどをお茶パックに入れ、やかんなどで15分ほど煮だして

1日数回に分けて飲みます。

骨粗しょう症の改善や免疫力アップ、精神の安定、高血圧の予防・治療、多汗症の改善など、多くの効能があります。


いろんな効果が期待できる食材ですが

注意が必要なのは生食での食中毒ですね。


私も生ガキは大好きなのですが

「生食用」の牡蠣であることは言うまでもありません。

生で食べるときは食中毒予防として

お酢で洗って殺菌してからのほうが安心です。


もう一つ注意が必要なのが

牡蠣を食べることで痔を誘発しやすいといわれていますので

痔を患ったことがある方は注意が必要です。

今が旬の牡蠣、おいしくいただきましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA