日本頭痛学会参加(^^)~オンライン開催

こんにちは(^^)


急に冬が来たような感じですね

風邪などひかないよう十分ご注意くださいね


さて今回は学会参加報告です。

先週末は茨城で開催されていた『日本頭痛学会』に参加してました。


本来なら現地で聴講していたところですが、このご時世、遠方への移動は厳しい現状なので

最近の傾向である、オンライン開催でした。
そのため今回は自宅PCの前での聴講でした。

今回の頭痛学会では、東洋医学シンポジウムもあり大変興味深く聴講しました。


片頭痛における鍼治療で脳血流を観察すると、健康な人には見られない脳血流の変化がみられたとのことでした。

つまりこの変化は、鍼治療が片頭痛に対し予防的に、もしくは鎮痛効果が高いという現れと思われます。

これからまだまだ研究は続きますが片頭痛の方には、治療方法が増えて大変うれしい報告だと思います。


また片頭痛と視床下部は関係が深いのですが、後頭部の皮膚はとくに視床下部に反応を起こす部位があり、鍼による電気治療により大変効果が高かったとの報告もありました。

やはり学会に参加すると、その最新の知見をえられるので大変勉強になり、治療計画を立てる上でもとても勉強になります。

これらをまた治療で患者さまへフィードバックしていきます!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

片頭痛